今日の美容業界でもっとも成功しているメニューの一つに、アンダーヘア脱毛があります。女性誌やウェブ上に沢山の広告が見られ、またユーザーが施術後の満足度の高さを口コミやSNSなどで好意的に情報発信しているため、このことが美容業者各社の宣伝活動を後押しする結果となり、マーケティング戦略的にも面白い効果をあげています。アンダーヘア脱毛の効果は、下着・水着などからヘアがはみださないようにすることができるという基本的なことだけではなく、生理やおりものなどによって、また汗によって蒸れてデリケートゾーンが不快になるという悩みを大いに軽減します。

またトイレの後の下着の汚れやにおいの付着も改善します。ただしこのメニューは、完了するまでに多くの施術回数と長い時間がかかるのも事実です。

手順をざっと説明すると次のようになります。まずユーザーは自分でvラインをはじめとしiライン・oラインの部位のヘアを全部カミソリで剃ってしまいます。そしてここから3日以内に最初の施術を受けます。

ヘアを剃るのは、技術的な問題であり、毛根の黒い部分に光をあててヘアを脱落させるため、照射効率を挙げるために行なわれます。そして2〜3か月の時間をおいて、2回目以降の施術を行ないます。

経過が分かりやすいのはvラインでしょう。最初の施術を終えて、剃ったヘアが伸び始めるのとほぼ同時に抜けていきます。そして時間をかけて再発毛しますが、2回目の施術、さらに時間をおいて3回目以降と施術を重ねるにつれて再発毛が抑制されてくるのが分かります。

これは毛母細胞の再発毛能力が、施術を重ねることによって無能力化されるためです。こうした経過をたどりながらvラインをはじめとする各部位のヘアが処理されていきます。

施術か異数な個人差によって大きく左右され、6〜18回と幅がありますが、全体の回数の3分の1に達したあたりから効果が実感できるようになるはずです。